おおた桜

おおた桜

最終更新日:2016年10月5日
花びらの数が90枚以上、雌しべ15〜20本という全国的にもたいへん珍しい桜。荻町・本覚寺の境内で見ることができます

概要

名の由来は発見者である太田洋愛画伯の名からきています。古来より「塩がま桜」とも呼ばれ、開花期(例年5月中旬)を作物の種まき時の目安にしていました。

花弁の数90枚以上、雌しべ15〜20本というのは珍種中の珍種。春が来ると、荻町の本覚寺境内でその美しい姿を披露します。

利用案内

名称 おおた桜(おおたざくら)
開花時期 例年5月中旬頃
場所 荻町 本覚寺境内(Googleマップ)
補足 県指定文化財
上記は参考情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
城山館
海華月