白川郷を「知る」

白川郷PR映像 -Shirakawa go Story-

最終更新日:2016年10月5日

語り継がれていく物語

「伝統的な生活様式が、とりまかれている環境と社会機能に完全に適合した非常に優れた例」として白川郷(荻町)の合掌集落は、相倉・菅沼集落と共に1995年12月にユネスコの世界遺産委員会によって世界遺産リストに登録されました。

この映像は白山に育つドロノキが語り手となり、移りゆく季節と共に白川郷をストーリー仕立てで紹介したものです。

-冬-

日本有数の豪雪地帯である白川村の人々は、深い雪と共に暮らしていました。初雪から雪解けまで、数か月も雪に閉ざされる地。かつては人々の往来ができない秘境の地でもありました。合掌造り家屋は、村の人々と寄り添いながらこの地で生きてきたのです。

-春-

白川郷の春はゆっくりゆっくりやってきます。雪解けと共に一斉に咲き出すのはミズバショウ。あちらこちらに花の便りが届く、心が躍る季節です。白むく姿の花嫁と、紋付き袴の花婿の花嫁行列。新郎が結婚生活の幸せを宣言するまで通せんぼ。受け継がれゆく伝統です。

-夏-

白川村に夏の訪れを告げる白山スーパー林道の開通の知らせ。白川村の成人式は毎年8月14日におこなわれます。雪深い山里ならではの夏の成人式です。

-秋-

長い冬の前。山々が色鮮やかな衣装を身にまとい、白川村に短い秋がやってきます。白川村の5つの神社で開催されるどぶろく祭り。1300年ほど前から行われていると言われるこの祭りは、五穀豊穣と村の安全を祈願して山の神様にどぶろくを捧げます。この祭りで振る舞われるどぶろくは、その年の冬に仕込んだもの。天下の奇祭と名高いこの祭りには国内外から多くの観光客が訪れます。飲んで笑って踊って歌って。村中が1つになる日、村が一年で一番にぎやかになる日です。

何百年もの昔から変わる事なく続いてきた季節の移り変わり。独自の景観をなす文化的集落。今に息づく暮らしがここにはあります。

白川郷に会いに来てください。

城山館
海華月